So-net無料ブログ作成

古代怪鳥 ラルゲユウス~ウルトラQ怪獣第13号 [怪獣]

ラルゲユウス①.jpg
「古代怪鳥 ラルゲユウス」

「ウルトラQ」第12話「鳥を見た」に登場

身長:7センチ~ 50メートル
翼長:100メートル
体重:300グラム~ 1万5千トン

通常は文鳥に似た姿をしていますが、夜間になると巨大化して暴れます。
一ノ谷博士によると第三氷期以前に生息した鳥の祖先の一種とのことですが、無人船が存在した10世紀にインドに大群が出現した記録が残っていました。
飛行速度はマッハ1.5で500時間飛び続けることができたようです 。
ラルゲユウス②.jpg
ラルゲユウス④.jpg
深夜の動物園を襲撃して動物達を食い荒らし、見回りに来ていた従業員に致命傷を負わせた後、漁船に漂着した無人船の中から小鳥の状態で万城目達に発見されますが、無人船が沈没したため逃走に成功。
文鳥の姿で孤児である三郎少年に飼われ、「クロオ」と名付けられました。

三郎が寝ている間に集落を襲い家畜を全滅させたことから存在がばれ、一の谷博士の言葉で存在を危険視した警察によって三郎から引き離され、留置所に入れられました。
その後、留置所の中で巨大化して警察署を破壊した後、突風で集落を破壊し、最後は三郎と万城目達のいる海岸の上に現れると、三郎との別れを惜しむかのように南の空へ飛び去って行きました。
ラルゲユウス.jpg
ラルゲユウス③.jpg






nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント