So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
前の10件 | -

どくろ怪獣 レッドキング(初代)~ウルトラ怪獣第9号 [怪獣]

レッドキング(初代)①.jpg
「どくろ怪獣 レッドキング(初代)」

「ウルトラマン」第8話「怪獣無法地帯」に登場した狂暴な怪獣。

身長:45メートル
体重:2万トン

火山活動のために無人島となっていた多々良島に生息する怪獣として、チャンドラーやマグラーらと共に登場しました。
怪獣達の弱肉強食の舞台である多々良島における最強の怪獣で、チャンドラーとの戦いでは翼を引きちぎってこれを撃退していました。
戦いの最中にたまたま現場を通りかかったマグラーは、その鳴き声を聞いて逃げ出してしまったほど、狂暴かつ強力な怪獣でした。
性格はとにかく好戦的な暴れん坊で、巨大な怪獣から小型のピグモンであろうと手加減はしていませんでした。
その顔立ちからわかる通り肉食性だったようです。
レッドキング(初代).jpg
レッドキング(初代)②.jpg
初代ウルトラマンとの戦いでは、岩石を投げつけようとした際にスペシウム光線を受けて岩石を足に落とし、首筋を掴まれてのチョップを一閃された後、ネック・ハンギング・ツリーを決められました。
そのままウルトラスイングで振り回され、岩に叩きつけられて弱ったところに首投げを受け、全身を震わせながら倒されました。
レッドキング(初代)⑤.jpg
レッドキング(初代)⑥.jpg




nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

もぐら怪獣 モングラー~ウルトラQ怪獣第9号 [怪獣]

モングラー②.jpg
「もぐら怪獣 モングラー」

「ウルトラQ」第8話「甘い蜜の恐怖」に登場。


身長 50m
体重 2万トン
別名 モグラ怪獣、地底怪獣

農業研究所の研究員、木村が開発した特殊栄養剤・ハニーゼリオンの影響で大きくなった地蜂を食べ、巨大化してしまったモグラの怪獣。
超高速で地底を掘り進み、1日36km掘り進むことができます。
武器は風速50mの鼻息でした。
モングラー.jpg
モングラー③.jpg
太陽光線が大の苦手で、普段は地底に潜んでおり、夜か曇天の日にしか現れませんでした。
農業試験場近辺の農村を荒らし回った後、巣に侵入した伊丹研究員の爆破によって地上に出てきたところを、自衛隊の攻撃で地底に逃走しましたが、最後は地底のマグマ層に突っ込み焼死しました。
モングラー①.jpg




nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

ペドレオン(グロース)~スペース・ビースト第2号 [ビースト]

ペドレオン(グロース)④.jpg
「ペドレオン(グロース)」

体長:20 - 50メートル
体重:2万5千 - 4万5千トン

ペドレオン(クライン)の複数が集結・合体した融合体がペドレオン(グロース)でした。
クラインに姿は似ており、ウルトラマンネクサスに格闘戦を挑めるほどのサイズに巨大化し、頭部の触角から火球を放ったり、触手から電流を発する能力、全身から可燃性ガスを噴射する能力、口部を発光させて衝撃波を放つ能力を得ていました。
作業員を人質に取りナイトレイダーからの攻撃を阻止するなど、過去に得た情報を元に進化していました。
この形態でもフリーゲン体やゲル状の形態になることも可能でした。
ペドレオン(グロース).jpg
ペドレオン(グロース)②.jpg
ウルトラマンネクサス(ジュネッス)によりメタフィールドへ送り込まれて交戦しました。
口部からの衝撃波でネクサスを吹き飛ばしてからは触手による殴打や放電で優位に立ちましたが、ネクサスハリケーンで地面に埋め込まれ、身動きが取れなくなった隙にオーバーレイ・シュトロームを撃ちこまれ、完全に消滅しました。
ペドレオン(グロース)③.jpg




nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

自然コントロールマシーン テンカイ(天界)~ウルトラマンガイア怪獣第8号 [怪獣]

テンカイ.jpg
「自然コントロールマシーン テンカイ(天界)」

「ウルトラマンガイア」第7話「地球の洗濯」に登場。

全長:48メートル
体重:8万4千トン


房総半島で風速80メートルの猛烈な台風を発生させていた巨大な銅鐸のような機械。
台風によって地上にあるものを一掃し、大気を洗浄していました。
このテンカイが生み出す台風は気象衛星から見ると悪魔の顔に見えたようです。
テンカイという名称は、表面に刻まれている篆書体で書かれた「天界」という文字に似た記号に由来していました。
クジラの鳴き声のような機械音を発しながらタービンのようなものを回転させ竜巻を発生、その下部から空気を吹き出し家屋を吹き飛ばすほどの暴風を巻き起こします。
通過した後の大気から、有害物質を消失させる特性を持ちますが、地上にある建物は何も残らなくなっていました。
テンカイ②.jpg
ウルトラマンガイアも苦しめられますが、浮き上がったところをガイア突撃戦法で貫かれ、取り出されたコアを投げつけられ爆発しました。

自然コントロールマシーンは、未来の人類が自身の存在に絶望して、人類を滅ぼした後に地球の環境をリセットするために作られたもので、それを破滅招来体が呼び寄せたと語られていました。
テンカイ①.jpg




nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

菌糸怪獣 フォーガス~ウルトラマンダイナ怪獣第8号 [怪獣]

フォーガス.jpg
「菌糸怪獣 フォーガス」

「ウルトラマンダイナ」6話「地上最大の怪獣」に登場。
(怪獣体) 身長:56メートル
      体重:4万2千トン
(怪人体) 身長:185センチ
      体重:60キロ

異常進化して知能をもったしまった菌糸類の怪獣。
本体は巨大なキノコで怪人体や怪獣体などの分身を生み出し、これらは本体を破壊しない限り、例えソルジェント光線を受けて粉砕されても再生することができます。
10キロメートル四方に菌糸を張り巡らせ、地球規模で広がっているコンピューターネットワーク・アースネットを支配しました。
自分自身を「10キロメートルの知性を持つ地上最大の知性」と称し、10キロメートル四方に広がる菌糸体は、「人間で言えば脳細胞にも等しい」ということでした。
アースネットを通じてあらゆるネットワークに侵入することができ、コンピュータに「さよなら人類」という内容の怪文章を送付し、外部との連絡を遮断します。
感染前に外部接続を遮断したコンピュータまでも支配する能力を持っていました。
キノコの中心部に膨らんだスルメのような形をしたコアの役割を果たす菌糸脳があり、怪獣体をいくらでも生み出すことができました。
戦力として鞭状の両腕を使った攻撃を武器として使い、怪人体時では身体を菌糸状に流動化させて移動します。
フォーガス②.jpg
フォーガス③.jpg
怪人体は人類を破滅させる前にウルトラマンダイナを倒そうと、自ら怪獣体に変貌し、怪獣体を複数放ってウルトラマンダイナを苦しめました。
しかし、ウルトラマンダイナミラクルタイプの透視能力で本体の位置を当てられた上、レボリウムウェーブ アタックバージョン(タイプI)の攻撃で菌糸と怪獣体を全て消し飛ばされ、本体だけで宇宙に逃げようとしまするが追いつかれてソルジェント光線を受け、倒されました。
フォーガス①.jpg





nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

異次元人 ギランボ~ウルトラマンティガ怪獣第8号 [怪獣]

ギランボ③.jpg
「異次元人ギランボ」

「ウルトラマンティガ」第8話「ハロウィンの夜に」に登場。

毎年ハロウィンの夜に世界中のどこかで魔女のおばあさん(異次元魔女)として現れていた異次元生命体でした。
ブラックホールのように空間を歪ませて次元を移動していました。
GUTSによって居場所を突き止められ、ガッツハイパーガンで撃たれたため巨大化しました。
巨大化した後は顔から相手の意識を麻痺させる光線を放ち、さらに分身やテレポーテーションといった特殊能力も備えていました。
また、戦闘中は満月がパンプキンの顔に変貌します。
ギランボ①.jpg
ウルトラマンティガへもその分身能力で撹乱しようとしますが、タイマーフラッシュによって本体を見つけられ、ウルトラホイッパーで上空へ投げ飛ばされたため逃げようとしますがとウルトラフィックスを喰らって行動不能になり、ゼペリオン光線によって倒されました。
ギランボ.jpg
ギランボ④.jpg




nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

悪質宇宙人 レギュラン星人~ウルトラマンティガ怪獣第8号 [宇宙人]

レギュラン星人④.jpg
「悪質宇宙人 レギュラン星人」

「ウルトラマンティガ」第7話「地球に降りてきた男」に登場したネメシス星雲第四惑星レギュラン星出身の宇宙人。

主な戦力は両手から放つ怪奇な光線、破壊光弾、捕獲光線で、自分自身の周囲の重力を弱めて空中浮遊や飛行を行っていました。
レギュラン星人①.jpg
レギュラン星人⑤.jpg
自分の身を守る為なら仲間でも裏切る卑劣な性格で、ウルトラマンティガを空中戦で仕留めようとしますが敵わず、ウルトラマンティガ・スカイタイプのハンドスラッシュで破壊光弾を相殺されて地上に叩き落され、負けそうになると降参した振りをしながら風車を凶器にして不意打ちを仕掛けたりしました。
最後はランバルト光弾との打ち合いに負けて消滅しました。
レギュラン星人.jpg




nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

ベギラ~ウルトラマンレオ怪獣第8号 [怪獣]

ベキラ②.jpg
「暴れん坊怪獣 ベキラ」

「ウルトラマンレオ」第8話「必殺! 怪獣仕掛人」に登場。

身長:59メートル
体重:3万トン

東京のど真ん中に突然出現した怪獣。
一見つぶらな瞳で、どこか大人しそうな印象を受けます」が、本性はとても凶暴・好戦的で、破壊活動に快感を覚える習性があり、意味もなく破壊を繰り返します。
口からは4千度にも及ぶ火花のような火炎を吐き出して周辺を焼き払います。
弱点は背中であるものの、背中からも黄色いガスを噴射するため容易には近づけませんでした。
ベキラ④.jpg
ウルトラマンレオのエネルギー光球にも耐える皮膚を持っていますが、背中が唯一の急所になっていたため、最後はレオ2段蹴り(反転キック)を背中に受けて倒されました。
ベキラ.jpg
ベキラ①.jpg







nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

蛾超獣 ドラゴリー~ウルトラマンA怪獣第8号 [怪獣]

ドラゴリー③.jpg
「蛾超獣 ドラゴリー」

「ウルトラマンA」第7話「怪獣対超獣対宇宙人」、第8話「太陽の命・エースの命」に登場したヤプールが蛾と宇宙怪獣を合成して生み出した超獣でした。

武器は口から吐く火炎「バーニングウイング」と両腕から放つミサイルでした。
また、体内に毒素を生成する器官を持っており、口から生える鋭い牙で相手に噛みつくと同時に相手の体内に猛毒を流し込む能力もあった模様です。
ドラゴリー⓵.jpg
ウルトラマンAとは3度対決しました。
1度目はTAC基地の付近に現れ、基地に向かう途中で初対決したウルトラマンAを苦戦させますが、エースバリアで封印されます。
2度目は、ヤプールにエースバリアを解いてもらい、メトロン星人Jr.と組んでウルトラマンAと激突しますが、エースバリアでメトロン星人Jr.と共に再び封印されます。
そして最後はエースバリアの封印が解けるとメトロン星人Jr.と組んでウルトラマンAと交戦し、メトロン星人Jr.が倒された後も単身で挑んでエネルギー切れに追い込みますが、太陽エネルギーを得て復活したウルトラマンAにパンチで右腹部分を抉られて怯んだところをエースブレードで首を切断され、メタリウム光線で胴体を爆破されて倒されました。
ドラゴリー②.jpg
ドラゴリー最大の武器は恐るべき怪力で、そのパワーたるや、怪獣ムルチを叩きのめした挙句に下顎と両足を引き裂いてしまった程でした。
一連のシーンは残虐であると同時に「超獣が怪獣を上回る存在であることを示す」印象的なシーンとなりました。
ドラゴリー⑥.jpg








nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

古代怪獣 ツインテール~帰ってきたウルトラマン怪獣第8号 [怪獣]

ツインテール⑤.jpg
「古代怪獣 ツインテール」

「帰ってきたウルトラマン」第5話「二大怪獣東京を襲撃」、第6話「決戦! 怪獣対マット」に登場しました。

身長:45メートル
体重:1万5,000トン

芋虫のような姿で頭を下に、三半規管のある特徴的な尾を上にあげた独特のポーズで移動します。

鞭の棘には強力な麻酔液が装填されているという設定がありました。
地底怪獣グドンの捕食対象であり、「生まれたてのツインテールは海老の味がする」という設定が有名でした。
ツインテール②.jpg
新宿の地下工事現場から出土した中生代・ジュラ紀の卵から誕生し、同時期に出現した古代怪獣グドンと共闘して帰ってきたウルトラマンを撃退します。
2回戦でもグドンと共闘して帰ってきたウルトラマンを翻弄しますが、MATの作戦により両目を麻酔弾で潰されたことで誤ってグドンの尻尾に噛みつき、逆上したグドンに尾の付け根にある発光部を噛み潰された後、地面に叩きつけられて絶命しました。
ツインテール.jpg
ツインテール⑥.jpg








nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:blog
前の10件 | -